人生を変える考え方

【自己実現】トラウマと向き合えば、自分を癒せる①

恐怖は誰でも味わいたくないもの。

だから、恐怖となんて向き合えない。
向き合いたくない。

 

逃げて、逃げて、

見てみぬふりをして。

 

心の奥底、
誰にも見つからないエリアの
一番下の引き出しに
そっとしまっておこう。

 

誰にも見つからないように。

 

わたしさえも忘れるように。

 

「初めから存在しなかったかのように」

 

 

トラウマを超えるための入口

トラウマと向き合うことは、
確かに、

とんでもない労力ー

「勇気」「根気」が必要です。

 

だって、当然、
思い出したくないから。

 

でも、
この記事を見ているあなたは
きっとどうにかしたいと思って
そう小さな勇気を出して、
今、読んでくださっているのだと思います。

 

まず、わたしはそんなあなたに
敬意と感謝を示したい。

「ありがとう」

 

本当にたまたま、
何となくこのページに
辿り着いたとしてもー

 

ーこの世界に偶然なんてないのだからー

 

「あなたも
乗り越えることができます」

わたしはそう、伝えたいです。

 

 

勇気とは、一歩踏み出すこと。

「変わりたい」と願うのではなく、
「変わろうとする」こと(行動)。

 

大事なのは、
解決に向けて考え、
解決に向かう行動をすること。

 

だって、考えてみてほしい。

 

そのまま時間が過ぎたら?

そうして
人生を終えてしまうのでしょうか?

 

時間は待ってくれません。

 

ある日突然、
傷が綺麗さっぱりなくなる
そんなわけでもありません。

 

じゃあどうするか?

 

 

今、この瞬間、
「変わる」と決めることです。

「決断」することです。

 

決断は、
一つの道を「決」めたら、
それ以外の選択を「断」つこと。

 

もう、

変わる時が来たのです。

 

 

古いあなたから

「NEWバージョンのあなた」

生まれ変わる時が来ました。

 

 

恐怖を超える「唯一の視点」

わたしが自分のトラウマと向き合って
わかったことは、

恐怖は幻想だった

ということです。

 

トラウマそのものを
恐怖に思っていた時は、

どうにかして出てこないように
押さえつけたい。

存在すらも認めたくない。

 

そんな気持ちだったのです。

 

でも、
あの日の空は憶えています。

 

あの日の自分は、見ていました。

あの日の自分は、聞いていました。

 

たとえ誰にも言わず、
自分一人で抱え込んでいたとしても、

自分自身にだけは、
嘘はつけません。

 

 

厳しいことを書いていると思います。

 

しかし、

良薬口に苦し。

今までの甘い考えでは、
あなたが望む姿になれません。

 

恐怖を超えない限り、
トラウマを放置している限り、

あなたはあなたらしく進めないでしょう。

 

 

思い出す時です。

 

立ち上がる時です。

 

傷を癒す時がきました。

 

真実と向き合う時がきました。

 

 

全てが終わるまで、
簡単にはいかないでしょう。

わたしは何年もかかりました。

今もときどき、
完全に癒えていない傷が顔を出して
苦しくなる時があります。

 

でも、覚えていて欲しいのです。

 

「恐怖は存在しない」こと。

 

過去を思い出して、
恐怖を感じるのは自然なことです。

未来を想像して、
恐怖を感じるのも自然なことです。

 

でも・・・気づいて。

 

あなたが生きているのは、

「今」なのです。

 

今ここに、
「恐怖」は存在していません。

 

よく考えてみて・・・

今日は、今は、貴重な瞬間。

二度とやってこない「体験」。

 

今、今、今・・・
の瞬間が「人生」を作っています。

 

 

大事なのは、
思い出して追体験するのではなく、

「どんな自分になりたいか?」

その時、その時できちんと思い出して、
今までとは違う行動をとることです。

 

感情を暴走させないと、
自分が主導権を握ることです。

 

そして、何度もやる

 

何度も、何度だって、やる。

 

根気よく、
自分を軌道修正していくんです。

あなたなら、できる。

 

 

愛される生き方をすれば、人生も癒えていく

わたしはかつて、
ちっぽけで情けない人間でした。

人さまに迷惑をたくさんかけました。

 

相手の気持ちに立てず、
自分のことばかり
相手に押しつけていました。

 

本当に、本当に、
申し訳ないことをしたと
罪の意識を感じていました。

 

わたしは生まれ変わりたいと思いました。

 

罪ではなく、を積もう。

人を喜ばせる自分でいよう。

人に愛される生き方をしよう。と。

 

だから、
トラウマを癒す必要がありました。

そうすれば、
同じように心の傷を癒せていない人の
力になれると思ったからです。

 

そう「決断」したものの、
傷はあまりに深く、
疼くたびに、癒すたびに、

心が、体が、
ガタガタと震える苦痛を伴いました。

 

けれど、

けれど、

わたしは諦めなかった。

 

 

自分を変えることを諦めませんでした。

人生を変えることを強く望みました。

 

 

机上の理論よりも、
大事なことがあります。

それは、「強い意志」です。

 

大事なことですから、
何度でも言いましょう。

 

未だ見ぬあなたへ

あなたなら、変われる。

あなたなら、できる。

 

何度も飽きるほどやって
自分を修正していったら、
いつの日か気づくでしょう。

 

「これが理想の自分だ」って。

 

いや、むしろ、

こう思う方が正しいかもしれません。

 

「これが本当の自分だ!」って。

 

可能性を解放させよ♪

あなたの可能性は無限大です。

 

誰の概念、世の常識・ルール、
制限を思い込んでいようとも、

あなたは自由に、
今、変えることを選ぶことができます♪

 

しょうもない、
今の自分にふさわしくない姿は
思い切って解放しましょう。

 

本当にそれが望む姿?

本当にそれが自分らしい生き方?

本当に望む生き方とは?

 

問いかけてみてください。

今からでも遅くない。

いつも「今」がその時♪

 

泣けてきたっていい。

情けなくなったっていい。

 

それがあなたの本当の姿

受け入れたらスーッと軽くなる^^

 

 

覚えていてー

 

あなたはココから
生まれ変わることができる。

素敵な、
世界で唯一の、あなた。

 

 

自分を癒す方法については、
②へ続く^^