前世エピソード

【前世エピソード】「幸せな女性の歩む道」〜前世の自分が教えてくれた、真の正しさ〜

これは一つの魂の前世です。

 

許可をいただいて、
ご紹介させていただいております。

 

(2020.3.28アメブロ掲載・再UP)

 

 

魂が震える前世療法♡エピソード
【幸せな女性の歩む道】

「ここはヨーロッパのようです・・・

空を・・青空を見上げています。

 

ひんやりして気持ちがいい。

 

夏から秋にかけての季節で、
スッキリした空です」

 

 

魂は完全なる完璧な順で、
必要なヴィジョンをみせていきます。

 

初めのヴィジョンで、
空を見上げているシーンは
少なくありません。

 

 

天を仰ぎながら、
感情をあれこれ整理したり、
誰かを待っていたり、
誰かを想っていたり。

 

人の常、世の常なのかもしれません。

 

 

「わたしは男性です。

編集者です。

妻と息子がいます。

 

今は職場にいるようです。

書類を束ねていて・・・」

 

Mさんの声のトーンに
曇りが見えました。

 

 

「何があったのですか?」

 

と尋ねると、

 

「やってしまった・・・

 

頭を抱えているのです・・・

 

わたしは・・・
大きなチャレンジをしました・・・

 

でも
それはとても大きな失敗でした。

 

損害が大きく、借金は重なり・・・

みんな辞めてしまって、
家族からも見放され、
無残に紙だけが残っています」

 

Mさんの声から
深い深い悲しみと
罪悪感が垣間見えました。

 

 

記憶を思い起こした時に
苦しみが出てくるなら、
それはまだ感情が
味わい尽くされていない証拠です。

 

しかしながら、
Mさんはわかっていらっしゃると
わたしは思いました。

 

苦々しい想いは、
すでに甘みに変わっていることをーー。

 

わたしは直感的に、
次の人生をみる必要があると思い、
魂の旅をつづけました。

 

 

「今、どんなところにいますか?」

 

 

「今度はお城の中にいます。

日本の、とても大きなお城の中。

 

わたしは女性です。

 

穏やかな顔で、
色んな女性を教え導いています。

 

とても気分がいいです!」

 

 

たくさんの女性を率いて、
道徳のようなものを
教え導いているとMさんは言いました。

 

 

前の人生とは打って変わって、
とても平安な人生でした。

 

 

そして
魂の還るべきところに還りました。

 

 

改めてメッセージをもらうため
お城の女性を呼び出すと、
Mさんはこんなことを口にしました。

 

「失敗したら一人になる
ってあなたは思ってるけど、
それは違うのよ

 

過去の自分から
今の自分へのメッセージ。

 

 

M様は涙を堪えきれず、
頬に河の流れが伝っていました。

 

 

“違っていた”

 

 

“違っていた”

 

 

“違っていた”

 

 

 

その言葉が
本当の意味を思い起こさせたのです。

 

 

 

意味づけにすぎなかったこと。

 

通過点にしか過ぎなかったこと。

 

諦めずに、
やり遂げる気持ちを学んだこと。

 

 

あの時の罪悪感、後悔が、
あふれる涙とともに
消化・昇華されていきます。

 

 

「あなたを助けてくれる人が必ずいる。

幸せな女性を増やすことが
あなたの生まれてきた目的。

 

そのために
必要なものはすでに揃っている

 

 

Mさんは途切れ途切れに、
しかし、しっかりと想いは綴られ、
胸に刻んでいるかのような
話し方をされていました。

 

 

自分の口から出た言葉に
激しく揺さぶられる魂。

 

りんごの芯のように
真っすぐで揺るがない、

強い”信念”のような――

もはや抗う意味さえ
見あたらない”宿命”――。

 

 

愛のモットーの嵐に、
Mさんのハンカチは濡れ続けました。

 



 

「とてもスッキリしました!」

 

今ここに戻ってきたMさんは
来た時よりもずっと輝かしく、
透明感あるお肌が
さらにピカピカと光っていました。

 

 

 

 

魂の旅路中、
涙を流す方がほとんどですが、
わたしはその涙を見ることが
とても大好きです。

 

だって、
それが本来の姿であり、
真実ですもの。

 

 

ありのままの美しさを、
いつもいつまでも
水槽を眺める子どものように
ジィーッとみています・・・♪