前世エピソード

【前世エピソード】「孤独な王様」〜疑いを突破した先にあるもの〜

 

これは一つの魂の前世です。

 

許可をいただいて、
ご紹介させていただいております。

 

(2019.9.12アメブロ掲載・再UP)

 

 

魂が震える前世療法♡エピソード
【孤独な王様】

「物ごころついた時から、
ずっと一匹狼でした。

人を信じることができません」

 

今世でそう思わせるきっかけもなく、
原因不明の想いは
前世が答えを握っていることがあります

 

Mさんはそわそわしながらも、
目を閉じて深い意識に入っていきました。

 

 

 

「わたしは王様のようです。

お城の中に居ます・・・
戦争に行くための準備をしています」

 

 

中世のドイツでしょうか。

 

M様のぐるぐると動く瞼の裏で、
緊迫感も同時に感じている様子でした。

 

 

「周りに誰かいますか?」

 

 

「お妾さんが二人そばにいます。

あっ!

この女性たちは・・・
わたしの今世の身内です!!

 

子どもも4人見えます。

 

そのうちの1人は今世の娘で、

もう1人・・・
あれは今世での友だちです!」

 

時代も人種も違うけれど、
なぜかわかるのは
魂が憶えているからです。

 

わたしはそっと尋ねました。

 

「今世Mさんが抱えている
人を信じられない想い”は
この前世がきっかけとなっているようです。

何が起きましたか?」

 

 

「・・・母が、
物心ついた時から言っていました。

 

”誰も信用しちゃダメよ”

と・・・

 

だから、誰も信用できませんでした」

 

 

王となる者は、
人を安易に信用してはいけない時代

毒を盛られたり、
真実を言わない者がいたり、

時代背景は戦時中だったので

もしかすると、
そういう警戒心を必要とされていた
のかもしれません。

 

 

王様であるMさんは、
自分が戦争へ行かなければならないことも
当然わかっていました。

 

 

「地面に横たわっています。

心臓を・・・銃で打ち抜かれました」

 

死の場面であるにも関わらず、
Mさんの声はやや淡々としていました。

 

もはや、
わかっていた結果だったのでしょう。

 

 

 

Mさんは以前から

「銃に打たれたような経験がわかる」

と言っていましたから。

 

 

「この人生で学んだことは何ですか?」

わたしは魂の世界で
真実をもっと尋ねていきました。

 

 

「もっと愛を感じたかった。

本当の愛って何・・・?
と思っています。

 

次の人生では
本当の愛を知りたい。

伝えたい・・・」

 

 



 

 

 

Mさんは今ここへ還ってきました。

 

目を開けると、
つむっていた瞳が
涙で濡れていたことに気づきました。

 

 

「まだふわふわしています。

だから孤独だったんだってわかりました。

 

使命もやっぱり愛に関わるんですね、
確信がもてました!」

 

 

魂は生まれてくる前に、

「こんな人生にしたい!」

と理想の人生設計をして

生まれることを選びます。

 

その設定は、
容姿も声も性別も時代も人種も
自由に設定ができるのです。

 

 

すべては自由意志の元・・・

 

Mさんは、真の意味で、

愛を学ぶために
孤独を学ぶ必要があったのでしょう。

 

 

魂はそうして
成長をずっと続けています。