前世エピソード

【前世エピソード】「300年前の花魁」〜白昼夢の前世ヴィジョン〜

これは一つの魂の前世です。

 

許可をいただいて、
ご紹介させていただいております。

 

(2018.7.21 アメブロ掲載・再UP)

 

魂が震える前世療法♡エピソード
【300年前の花魁】

「なんだか最近不思議なんですけど・・・

ぼーっとする時に必ずみる
夢なのか何なのか
謎な光景があるんです」

 

「自分は花魁みたいな格好をして、

格子越しに外をみたり、
お座敷でお酒注いでたり、
お稽古したり・・・

自分なのか、
別人なのか・・・」

 

 

「妄想にしてはちょっと違う感覚で、
夢にしては鮮明に覚え過ぎてるんです。

生い立ちみたいなのも分かります。

 

暑いから狂ったのかもしれない・・・

と思ってもう1ヶ月半くらい、
不思議な謎ストーリーが続いてて・・・」

 

Yさんは会うや否や、
堰を切ったように早口で話しました。

 

 

 

「Yさんの前世かもしれませんね」

とわたしが言うと、

 

なぜこのタイミングなんですか?!

何かのお知らせなんでしょうか?!

と、身を乗り出されました。

 

 

わたしはゆっくり話し出しました。

最高最善のタイミングで
全ての物事が起きています。

 

“なぜ起こるか”というと、
起こるべくして起こっているのです。

 

そこに理由はありません。

 

 

過去も今も、
その時の自分に必要なことしか、
起きていません。

 

メッセージは常にあるものです。

いつでも、どこでも。

 

発見者は自分です。

気づくかどうかなんです」

 

 

「睡眠中やボーッとしている時は、
潜在意識の中にいるので、
自分の魂の声が聞こえやすくなります。

 

実は、
潜在意識と繋がっていない瞬間は
一つもありません。

メッセージと同じく、
気づいているかいないか。

 

Yさんのその花魁の前世は、
1つの強いメッセージがあります」

 

 

ヴィジョンでみたYさんの前世は、
悲しい顔でこのように言っていました。

 

「このままいくと、
花魁時代の生き方と一緒になる。

身を削る。

心を削る。

それがあなたの生き方なの?

“待ち人がいる。
こうやって月夜を観ながら、
手前を待っていんすよ”

と毎回、
その夢の中で言っていました・・・」

 

 

「自分が幸せであることを、
いつの人生でも魂は望んでいます。

あなたが幸せであることを、
一番望んでいるのはあなた自身。

大事なことだから、
何度もヴィジョンで見せたのでしょう」

 



 

Yさんは経営者で多忙な女性で、
多くの我慢を自分に強いてきたようでした。

 

花魁であった前世からのメッセージに
気づいたことで、
今まではおざなりになっていた
自分の生き方や人生について考える
時間を作るようになったそうです。

魂は、予期せぬ時に
強力な光景を見せることがあります。

 

Yさんは
自らがヴィジョンを日常的にみていました。

ヴィジョンはそのまま
脳裏に強く残り、
鮮明に覚えていらっしゃったので、
今回はシャラリエのリーディングのみでした。

 

 

自分では謎解きが難しい事柄も、
シャラリエとの解釈によって、
魂の深いところで理解し、
辛く苦しい感情も解放することができます。

 

今の自分に
必要のなくなったエネルギーを
前世療法で解放していくことで、
リセット(浄化)されます。

 

 

「幸せになる・・・」

Yさんは幸せになってもいいと
自分に許可をおろすことができました。

 

幸せになる勇気。

 

「もう二度と繰り返さない」

 

 

Yさんの魂の叫びは、
一生忘れられない人生の羅針盤に
刻まれました。