前世エピソード

【前世エピソード】「古代ギリシャの神官」〜未来へ繋いだ夢は・・・〜

これはわたしの前世のひとつ。

 

なぜわたしが
宇宙の法則や真理を
文字を介して伝えているのか?

に、深く繋がっています。

 

 

魂が震える前世療法エピソード♡
【古代ギリシャの神官】

リーディングをしてすぐ、
ひんやりとした石の冷たさを感じました。

 

男性が手を伸ばして、
白い柱に触れています。

 

 

 

ここは紀元前300年代の
古代ギリシャ、アテネ。

 

パルテノン神殿の中にわたしはいました。

 

 

 

少し遠ざかって自分を見ると、

わたしは
ミケランジェロの彫刻のような
若くて良い体をした青年でした。


↑まさにダビデ像のような感じ。

 

 

彼は支柱に手を当てたまま、
ピクリとも動きません。

 

まさにチャネリング中でした。

 

わたしは
柱に手を当てることで
「神託」を受け取る神官だったのです。

 

そして受け取ったメッセージは、
民へと伝える役目がありました。

 

当時、
紙は大変貴重なものだったので、
文字に起こすことは難しいことでした。

 

 

そのため、
自分の話すすべてが
メッセージに忠実である必要があり、

神からおろしたメッセージを
一言一句、間違えないように
慎重に慎重に伝えていました。

 

 

わたしは懸念していました。

 

神からのメッセージが
間違って解釈されることを。

 

言葉は宙に消えていくことを
わたしは知っていました。

 

 

人間が忘れゆく生き物であることも。。

 

 

 

 

記憶を掘り出すのに、
時間がかかることもあるし、

もっと多くの人に伝えるには、
神の言葉を目に見える形で
保存するべきだと思っていました。

 

 

 

「文書で
まとめられたらいいのに」

 

と思いながら、
生きているうちに
叶うことはありませんでした。

 

 



 

 

わたしは今でも、
言葉を紡ぐのに慎重になっています。

 

地球は、言語の星。

 

わたしたちは
言葉で傷付き、
言葉で癒されます。

 

ここは「魂のホームin地球」です。

 

それぞれの魂が
帰ってきてホッとするような、
優しさと居心地のよさを
感じてもらえるように

築き上げています。

 

 

「なんかわからないけど、ホッとする」

「ふわっと軽くなる」

「ありのままのわたしって素晴らしいんだ!」

「なんて美しい世界なんだろう」

 

そんな風に
感じてもらえるようなーーー

「魂のホーム」

 

 

 

言葉を選ぶのに時間がかかっても、
誰が読んでもわかるように、
初めて読む人でもわかるように、

いつも言葉を綴っています。

 

 

わたしにとって、
わたしの言葉は宝です。

 

不思議だけど、
わたし自身も自分のブログを読み返し、
泣くことがあります(笑)

 

わたしの文章には、
不思議な癒しの作用があるのです。

 

 

古代ギリシャの神官である頃、
夢は叶いませんでした。

 

「本を書きたい」

今世は、
叶えることができました!

 

↓ ↓ ↓

 

電子書籍(Amazon Kindle)
「永久保存版!
世界を変える、未来を変える
魂が震える前世療法」

売上一部を、
世界の子どもたち・地雷撤去活動に
社会貢献・支援させて頂いております。

ありがとうございます!