Short Story

自宅に宇宙人がきました。

(この記事は、2019.7.23にAmebloで公開した記事です。)

 

昨晩、ものすごい不思議体験をしました。

この記事を読んでいるあなたは、とても強運の持ち主です!

 

 

大雨の降った昨晩、

寝る前に窓をふと見たところ、エネルギー体がいることに気づきました。

 

高次元の存在だとすぐわかりました。

腕のトリハダが教えてくれています。

 

信じられないことなのですが、

その正体は・・・

地球外生命体でした。

わたしは窓の外から3人のグレイにじーっと視られていました。

なんとなくこわい気持ちもありましたが、窓に近寄ってみると、ますますトリハダが立ち・・・

外のグレイが30人ほどに増えていることにも気がつきました。

 

「何を伝えにきてくれたんだろう」

と思った瞬間、先頭の一人がサーッと移動をし、わたしの目の前に立ちました。

 

全身が粟立ちました。

 

大きな目でわたしをじっと見ています。

 

目を逸らすことができない・・・

 

たまらず、

わたしは・・・

 

「どこから来たの?」と聞くと、いろんな声が同時にきこえました。

 

「プレアデス」

「エササニ」

「△△銀河の」

「地球の近くではない」

 

彼らは、多くの星からきた生命体。

わたし:「なぜこんな多くの宇宙人が???」

宇宙人:「なぜという理由はない」

わたし:「何を伝えに・・・」

と言い終わらないうちに、グレイはわたしの左肩をトントンと叩き(いつの間に後ろに?!)、背中の服を引っ張りました。

 

 

導かれるままに寝室からリビングへ行くと、信じられない光景が・・・

 

リビングを埋め尽くすほどの宇宙人がいました・・・

 

彼らはエネルギー体なので物質的な場所をとらないのですが、おびただしい数とでも言えばいいのでしょうか、トリハダもそうですがなぜだか泣きたくなりました。

そして、わたしを本棚へ連れて行ったのです。

 

 

「下から三段目の、腕時計の針が指す方向」

「その本の38ページ」

と的確に指示をされました。

 

そこには・・・

「自分を超える」

と書かれていました・・・・・

 

わたしは拍子抜けをしたような安堵したような、地球の言語で表せないほどの満たされた気持ちに。。。

 

リビングにいた宇宙人が少なくなっていることに気づきました。

 

 

「帰るんだ」と思った瞬間、

「またくるよ」と言って、

虹の光とともにすべての宇宙人が跡形もなく消えていきました。

 

 

雨脚は弱まることを知らず、ひたすら降り続いていました。

 

宇宙人がきてくれた自宅はますますパワーに溢れ、心地よい空気感だけが残っています。

 

わたしは満たされた気持ちのまま、珍しく熟睡し、朝早くに目が覚めました。

初めての体験に魂震えながらこれを書いています。