Short Story

short「矛盾の中で咲く花」

ss1

太陽がジリジリと肌を焦がしていた。

―のんびりと歩いていられない。

 

女は、何かに駆られるような足取りで入道雲を追いかけていた。

 

 

 

 

昼間の都会。

交差点は行き交う人に溢れている。

 

 

 

突然、女は1つの矛盾に気づいた。

 

 

 

 

雑踏の中を歩きながら溶け込んでいる自分を見つめ、

 

果たして「個」である理由がどこにあるのだろうか?

 

と疑問に思った。

 

 

 

それには2つの解釈がある。

 

いずれにせよ、ネガティブな解釈ではない。

 

 

 

 

 

1つは、
景色に溶け込んでいるなら、それは「個」と言えないということ。

 

 

 

 

―「個」が存在しない?

―「個」でないものがどこにあるのだろうか?

 

 

 

 

とまたしても疑問に思えば、1つもないと思う。

 

 

 

故にこの解釈は「全ては1つ」を現している。

 

 

 

同時に、
「個」が存在する理由が確かに有ることにも気づく。

 

 

 

もう一つの解釈である。

 

 

 

 

「個」が有るからこそ、その景色が成り立っているということだ。

 

 

 

 

 

有るけど無い。

無いけど有る。

 

 

 

 

 

「どちらとも言えるし、どちらとも言えない」

 

 

 

 

 

 

それが「真理」と呼ぶべきものであり、「真実」であろう。

 

皆を束縛せず、強要させないもの。

 

そうでないと、「真理」や「真実」とは言えない。

 

 

 

 

 

 

人は自分が見たいように見たものを解釈する。

 

時にそのことが首を絞め、足を取られてしまう原因となってしまう。

 

 

 

 

 

 

「どちらとも言えるし、どちらとも言えない」

 

 

 

 

 

 

 

両サイドに立てる考えを持とう。

 

 

 

 

 

当たり前のように思ってしまう風景でも、
ヤシの木のように経っていれば、
こうした真実を発見することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女は足取りを弱め、サングラスの間から夏の太陽をそっと見た。

 

 

 

 

 

ss1

short story
「矛盾の中で咲く花」
                         by Yumi Chalarie