Short Story

奇妙な夢。

だ。

突然暗くなった重たい空が、これからもっと降ることを指し示していた。

 

慌ててすぐそばにあったローソンに雨宿り。

ローソンのスカイブルーの屋根に守られながら、同じように屋根ある場所へ駆け込んでいく姿たちを見た。

 

通り雨のようだし、すぐ止むに違いない。

 

衣服についた雫を払いながら、もう一度、重い雨雲を見上げてみると、大粒の雨が降り注いできた。

 

やっぱり。

そう思った次の瞬間、灰色に光るゴツゴツとした石のようなものが降ってきた。

手のひらサイズの大きさだった。

ゴツン。
ゴツン。

鈍く重い音が聞こえ、「当たらなくてよかった」と思った。

周りを見渡してみると、その石に当たっている人は一人もいないようだった。

よかった。安心した。

 

不意に、雨が終わりを告げた。

みるみるうちに空の色が戻っていく。
濡れた地面に、太陽の光が反射し始めた。

天から降ってきた石たちが太陽の下に晒され、怪しく光っている。

黒曜石にも見える。
小学生の頃、新築のマンションの下で見た、あの石。

不思議なことに、地面に散らばることなく、小山のように積まれていた。

自分の体半分ほどの石の小山が、あちらこちらにあった。

 

まさか、隕石・・・?

わたしは近づいて、それを真近に見た。

 

手にとってビックリした。

石だと思っていたソレは、石ではなかったのだ。

 

よく見ると、それぞれが違う姿形をしていて、わたしが手にとったものは、文字らしきものが描かれてる土偶のような彫刻だった。

しかも、ものすごく、軽い。

木彫りなのだろうか。
よく見たら、オークカラーだった。

確かに降ってきた時は、ダークグレーだったのに。

 

二個ほど手にとったが、それぞれが違う形をした「何か」だった。

重さもエネルギーも違うように思えた。
とてもではないけど、言語では形容しにくい「何か」だ。

 

貴重なものなはず。
持って帰ろうと思ったが、なんとなく、持って帰ってはいけない気がした。

 

「これはっっ!!誰にもっっ渡さないっっ!」

5メートルほど離れた場所にいた小太りの男が、小山にかぶさってうめき声で叫んでいた。

 

異様な光景だった。

貴重なものだから高く売ろうと思ったのかもしれない。

 

ほとんどの人が、自分のカバンや服のポケットに石を詰めていた。

わたしは手にとっていた「何か」を小山に静かに置いた。

日頃から「なんとなく」に従うようにしている。
直感はいつも正しいから。

 

熱気を感じて振り返ると、スポットライトのような強烈な光が現れた。

 

女性の宇宙人が立っていた。

腰まである長いブロンドに、ウェーブがかった髪、紫の瞳。

声には、透き通った純粋な美しさがあった。

 

気づけば、われわれ地球人は知人も初対面も関係なしに、互いの腕をとり、直線上に陣を組んでいた。

なんのためにかはわからない。

 

わたしは正面よりやや右側で、宇宙人を見ていた。

前代未聞。空前絶後。
頭にそんな言葉がよぎった。

女性の宇宙人がこう言った。

「あなたたちに贈り物があります」

決して大きな声ではないのに、全員に聞こえたようだった。
胸にスッと入ってくるような、真っ直ぐとした、声。

 

プールで使うビート板のようなものに乗った宇宙人が、無作為に贈り物を渡していく。

わたしは3番目にもらった。

例によってビート板男(インド人のような顔立ちに、金髪の花輪くんヘアーだった)が、迷うことなくわたしめがけて来て、贈り物を渡すと一瞬で円盤へ戻っていった。

 

どういう基準で贈り物が選ばれ、贈り物を渡す人が選ばれているのだろうか。

もらえない人もいるのだろうか。

もらったとして、何に使うためなのだろうか。

 

非日常的すぎることが続き、わたしはもっと長く見ていたかった。
好奇心がそそられるからだ。

しかし、実際には、唖然としながら、受けるがままに贈り物を受け取っていた。

 

宇宙人からの贈り物。

自分の手のひらに視線を落とすと、それは、

缶の入れ物だった。

円盤型のフタ。
水色のパステルカラー。

フタはパカッと簡単に開けることができて、底はシルバーだった。

 

まるで手のひらサイズのUFOだ。

 

?何これ?

?いったい、何に使うの?

 

 

 

 

 

 

そこで夢から覚めた。

心臓がうるさく鳴っていた。

 

どうやらわたしは息を呑んでいたらしい。

慌てて息を深く吸い込んだ。