人生を変える考え方

情報過多の世界でうまく生きていく方法。

「情報化社会」とは、すでに大昔の言葉となった。

現代は「情報”化”社会」ではなく、もはや「情報世界」である。

無限大に情報が溢れかえっている。

そんな時代でうまく生きるためには、情報の「取捨選択」が必要不可欠だ。

情報はダンジョンクリアでGETしよう。

自分が意図的に「情報を選ばず」、「情報を選ぶ」。

インターネットから何かサーチしたいと思ったら、なんのためにそれをサーチしているのか目的を忘れないこと。

 

何かサーチする時は、ダンジョンの主人公になった気分でするといいと思う。

至るところに張り巡らされている広告やメッセージ、あらゆる情報が次々と出没し、『私に興味もって!』と誘惑してくるからだ。

 

インターネットでの情報はコンピュータのアルゴリズムで精製され、思惑通りに表示されている。

興味がある分野の広告が出たり、過去何度かサーチしたものが上に表示されるのはそのためだ。

 

ある意味、自分が得ようとしている情報以外の情報は、敵である。

誘惑情報に気を取られているうちに、当初のサーチの目的を忘れてしまうことが何度あっただろうか。

サーチしているのは○○を解決(ダンジョンクリア)するためということを忘れてはならない。

 

寄り道せずに、目的を達成したら、インターネットを閉じよう。

 

情報の扉をCLOSEせよ。

情報を得るためのドアを開きっぱなしにしておくと、自分が情報に洗脳されてしまう。

あなたの周りにもいるだろう、自分で考え自分で答えを出さず、情報を鵜呑みにしてしまう人が。

 

情報世界では、情報の量よりも、情報のだ。

アルゴリズムに任せっぱなしではいけない。

自分自身が意図的に探し、得ていこう。

 

「自分が欲しい情報」よりも、「自分にとって重要な情報」の方が、人生にとって役に立つことを忘れてはならない。

 

これからの時代、情報の扉はOPENではなく、CLOSE。

そうすれば、自分に不要な情報まで得ることがなくなる。

大事なのでもう一度言う。

 

OPENよりもCLOSE

必要な時に開け、必要がなければ扉を閉めよう。

 

自分のために情報を使おう。

無論、人生は選択の連続である。

わたしたちは常にただ一つだけを「選び」、残りの選択肢は「選ばない」という決断を下している。

 

星の数ほどある情報をどう選択していくべきなのか。

情報世界では、自分が「どのように」情報を得るのかではなく、「なんのために」情報を得るのかが肝心だ。

 

わたしはコロナ禍になってから、SNSを見る時間を最小限に減らした。

SNSを使う理由がほとんどなくなったからだ。

 

以前はSNSに当てていた時間を、今は自分のために有意義に使っている。

人の世界を覗くよりも、自分の世界を覗くほうがずっと面白い。

 

時間は命である。

目的のない行動は、無駄な時間と言っても過言ではない。

 

何を得るためなのか?
何を解決するためなのか?

インターネットを開く前に、確認しよう。

 

情報をうまく取捨選択していく力を身につければ、自分の信念が強くなり、少々のことでは振り回されなくなるだろう。