人生を変える考え方

【幸せになりたい人、必読!!】「唯一」で「最大の選択」♪あなたはただコレを決めるだけ♪

「幸せって何だろう?」

わたしが
幸せについて考えるようになったのは、
17歳、高校2年生

「進路」を決める転換期でのことでした。

 

周囲のクラスメイトが

「○○になりたい」
「△△大学へいきたい」

と夢を語ったりしている時、

わたしは全く違うことを考えていました。

 

 

「どうやったら
幸せな人生を
送れるのだろう?」

 

何を選べば、
わたしは幸せになれるのか?

どこへ行けば、他者と分かり合えるのか?

そもそも、わたしは何者なのか?

何のために生まれてきたのか?

そんなことをグルグルと考えていたのです。

 

 

生きるか死ぬかのクエスチョン

当時、
学校教育に疑問を感じていた異端児で、
途中から授業に参加しない選択をとり、
自宅で独学。

 

「あと2回休んだら、単位落とすよ」
「このままでいいと思ってるの?」
「卒業するつもりあるの?」

なんて担任に言われてしまう始末。

 

テストは唯一楽しみだったけど、
(己への挑戦だと思っていたため)

それ以外、頭の中は常に、
上記の疑問でいっぱいで余裕なし。

 

だって、
「生きる」か「死ぬ」か?

わたしにとっては

「天下分け目のクエスチョン」

だったのですから。

 

 

答えの出ない、
果てしないクエスチョンは
常時わたしを悩ませ、苦しませ、
自己価値を問いました。

繰り返し、さらに、
またも別の島へとわたしを誘います。

 

「幸せになりたい?」

「自分だけが幸せになっていいの?」

「世界には貧困や戦争、
暴力で喘いでいる人がごまんといるのに」



「幸せって何だろう?
何が幸せなのかわからない」

まずは幸せについて学ぼうと思い、
結局、心理学を学ぶ道を選びました。

 

 

 

夢は「自分を信じる」ことで実現される

今も、担任の先生が
真顔で放った言葉を覚えています。

 

「心理学?
カウンセラーにでもなるつもり?

あんたには向いていないよ。

だって、あんたは
自分で抱え込むタイプだからね」

 

わたしは純粋なので、
当時、その通りだと信じてしまいました。

 

自分の夢を忘れ、
可能性に心を閉ざしたまま、
十何年も希望を失ってしまいました。

 

親、教師、社会で生きていくために
何かを教えることを志す人、
特に教育者はこんなふうに

子どもの純粋な夢を奪うべきではありません。

 

数ある選択肢からそれを選ぶ経緯があり、
何かしら「純粋な動機」「きっかけ」が
どこかに存在するはずです。

 

夢を見るのは自由。

叶えるか、叶えないのか、
可能性を選ぶのは、本人次第です。

 

子どもは大人の言うことを
純粋に信じてしまいます。

でも、

それが、間違っていたら?

ただの押し付けだったとしたら?

 

 

こんなふうに未来や可能性を制し、
指導するべきではありません。

 

子どもが自由に、豊かに、
幸せに生きるために
「道を開かせる」「道を指し示す」のが
真の教育者のあり方だと思います。

 

話を戻します。

 

あの時の自分からは
全く想像もしませんでしたが、

驚くことに、

わたしは担任の先生の言葉を飛び越え、

カウンセラーになりました。

今では、カウンセリングだけでなく、
コンサルタント、アーティスト、著者、
国際平和活動家などとしても、
多くの活動をしています。

 

なぜ、夢を叶えられたのでしょうか?

 

どうやって、わたしは繊細な性格、
傷の深いトラウマを乗り越え、
人を癒す、人を導く者になれたのでしょうか?

 

 

幸せに生きるためにすべき「人生最大の選択」

 

わたしは繰り返す自問自答、
周囲の大人への疑問を経て、

「自分だけが幸せになるべきではない」

といった観念を、
長いこと強く持っていました。

 

目に見えない世界からすれば、
「自分が信じた通りに現実は動く」ので、

おかげで長いこと、
わたしは幸せになれませんでした(苦笑)。

 

実は、
その観念が間違っていたのです!

 

幸せになるのを一番妨げていたのが、
周囲の誰か、環境、
直面している現実ではなく、

「自分自身の思い込み」

だったのです。

 

 

「幸せに導いてくれるコンパス」

魂の観点から見れば、
この世界は、

「あなた」=「わたし」

というワンネス。

 

心理学的にいえば、

「相手は鏡」であり、
自分を映し出しているだけ。

 

二つをまとめると、

全てが自分自身であり、
そうでないものは一つもなく、

どんな出来事も
「幸せ」へと導かれており、
痛みを伴う悲しい出来事ですら、
「幸せの中にある」

 

幸せは、どこか外に探したら
見つかるものではなく、

「今ここ」にあるもの。

 

「幸せになりたい」ならば、

周囲の誰か、過去、環境、条件、状況
自分の外部にあるすべてのことではなく、

自分自身の内側で
こう決めることだったのです・・・!

 

「わたしは幸せを選ぶ」

↑↑↑
コレこそが幸せに生きるための、
「唯一」で「最大の選択」!!
「幸せに導いてくれるコンパス」!!

 

 

「わたしだけが幸せになっていいの?」

という答えは、
スピリチュアリティな観点からすると
少し変な質問なのですが、
(あなた=わたしなので)

答えは「Of course」「Why not?」です。

 

わたしたちの誰もが、
幸せになるために生まれてきました。

 

もう少し踏み込んで言うと、

「幸せであることを思い出すために」

生まれてきました。

 

自分の人生で
自分が幸せになることは当然であり、

幸せに気づいていくことが
この「人生」という名のゲームです。

 

さらにいえば、

「自分が幸せになるから、
他者も幸せになり、
世界も幸せになっていく」

のです。

 

引き寄せの法則然り、
幸せを選べば幸せがやってきます^^

 

 

幸せになりたい人に伝えたいこと

染み込んだ思い込みを逆転の発想に変え、
人生に活用していくことは、
なかなかの時間がかかります。

 

わたしはただ
「カウンセラーになろう!」
決めただけでした。

 

決断し、
それに向かって行動していっただけ♪

 

どんなことがあっても、
「正しい道だ」と自分を信じ、
可能性は無限大だと信じ続けていたら、

叶えることができました。

 

 

選択こそが手段で、未来。

「無限の可能性は開かれている」
と強く信じた結果・・・

ついに、わたしは
「理想の自分」を手に入れることに成功🎵

 

 

わたしは過去の自分に、

そして、わたしのような人がいたら、
こう伝えたいと思います。

 

幸せになりたいなら、

「今すぐ幸せを選んで!」

 

余計なことを考えるから混乱し、
物事は複雑化してしまうもの。

 

だから、ただ、シンプルに、

一直線、これだけ。

 

「幸せを選んで!」

 

自分が好きなことをして、
自分を楽しませて、
自分を満たそうとして^^

それだけでいい。

 

それを心がける。

毎日、毎分、毎時間。

 

いつも、そのことを考える。

「どうやったら
もっとHAPPYに
過ごせるかな?」
って。

 

そうして生きていたら、
いつか、必ず、
「理想の自分」になっています^^

 

 

未来はこれから創られる★★★

 

「あなたはただ決めるだけ♪」

 

 

〜〜お知らせ〜〜
近日発表!!

沖縄県出身&神戸在住
不思議&ミラクル体験の写真連発!

現地人もあまり知らない沖縄の秘境、
超自然の癒し*パワースポット♪集結!

見るだけで聖地巡礼!?

「奇跡&不思議な写真集」

*先着名様には、うれしい特典つき^^
続報をお待ちください!