前世エピソード

【前世エピソード】「魂の伴侶と再会」〜来世に誓った約束〜

 

これは一つの魂の前世です。

 

許可をいただいて、
ご紹介させていただいております。

 

(2019.5.19アメブロ掲載・再UP)

 

 

魂が震える前世療法♡エピソード
【魂の伴侶との再会】

「あぁ、いつのまにか・・・

街が・・・

街が・・・燃えています」

 

Iさんのヴィジョンは
穏やかなものから一変しました。

 

 

それまでは、
のんびりと大きな木の下で
お昼寝をしていたのです。

 

 

 

人生の大きな転機は、
街の争いによる火災。

 

街中が混乱し、
あちこちで逃げ惑う人々が
彼の目に映っていました。

 

 

 

「なんとかしないと・・・」

 

大粒の涙が
Iさんの目から溢れ出ます。

 

 

 

「悲しいです。

すごく悲しい。

 

大切な人が・・・

大切な街が・・・

信じていたのに・・・

なにもできない・・・」

 

 

「あなたの大切な人?

あなたの名前は?」

 

 

俺は・・・誰だ・・・?

名前・・・・・・・・・・・・

 

俺の名前・・・

デニス・・・・・・

 

ルリエが・・・・・・・」

 

 

慌てて駆け出すデニスは、
とても混乱していました。

 

 

そうしている中、
横たわった大切な人を抱きながら
デニスは矢に打たれて死にました。

 

Iさんの涙は
滝のごとく流れていました。

 

魂は輪廻転生を繰り返します。

 

世界中どこでもいいのに、
日本を選んだわけは必ずあるのです。

 

 

「なぜ、日本に生まれたのでしょうか?」

 

 

自分の信じた道を・・・

大切な人を・・・

失わないようにするため

 

 

Iさんはデニスとしての人生を
遠くから優しく見守っているようでした。

 

 

 

突然、Iさんがこう言いました。

 

「ルリエが見えます。

俺は大きな木の・・・
あのお昼寝していた場所に立っています。

 

ルリエが笑顔で手を振りながら、
俺に近づいてきます。

 

嬉しい!ルリエがきた!

 

笑顔で抱きしめ合っています。

 

キスをしました。

 

俺はネックレスを、
ルリエは腕輪を、
互いに交換し合っています」

 

「何かのお守りですか?」

 

 

ずっといっしょに
ここで生きよう

と約束をしました。

 

火災の直前でした・・・

なのに・・・死なせてしまった。

 

俺は・・・守りたかった

ルリエは俺の大事な人だから・・・」

 

 

罪悪感と悲しみに
打ちひしがれているデニスの心。

 

 

魂は、
必要な時に必要なシーンを
必ず見せてくれます。

 

 

「では、ルリエを呼んできて、
聞いてみましょう。

俺はこれでよかった?と」

 

 

「・・・『よかった』

って笑って言っています・・・

 

もういいんだ・・・

俺・・・許された・・・」

 

 

Iさんの長い魂の旅は、
終わりを告げました。

 

 

今ここへ帰ってきたIさんは
スッキリとした笑顔で
教えてくださいました。

 

 

ルリエは今世の奥様だそうで、
互いに約束したことを
今世でも約束したそうです。

 

 

許された気がしました。

気が楽になりました。

 

ルリエの生まれ変わりの
現世の妻・・・

これからも全力で守ります

 

 

Iさんは白い歯を見せて
ニコニコと笑っていました。

 

 

 

後日、
ルリエの生まれ変わりである
Iさんの奥様からご連絡。

 

「なんだか
人間関係が円滑になったようで、
本人もいい意味でスッキリとし、
踏み出せた顔をしています」

 

 

罪悪感や恐れが解放されたことで、
今世にすぐ作用していました。

 

前世療法は、
なぜかわからないけれど、
心理的にも身体的にも、
強力な癒しをもたらします。

 

 

魂は永遠に死ぬことはありません。

 

いくつも肉体を持つ人生を経験して、
互いに愛の理解学びを深めています。

 

 

デニスとルリエのように、
今世と同じ夫婦の姿もあれば、

親子、きょうだい、親友など

身近な存在で
ローテーションで生まれ変わっていきます。

 

 

改めてそれがわかった時ーー

 

身近な存在の「愛」に気づいて、
死ぬことへの恐怖は癒え
真の使命を生きられるようになるのです。