前世エピソード

2081年の未来世と、インカ帝国の過去世①

 

(2019.10.23アメブロ掲載・再UP)

 

午前3時頃・・・

うっすら気配を感じて
書斎に目を凝らしてみると、
何やら人影(エネルギー体)がいました。


↑自家製キャンドルで瞑想中の図☆

 

 

あなたは誰ですか?

と聴くと、

 

「わたしは2081年からきた」

と、そのエネルギー体は
未来からやってきたわたし自身でした。

 

 

なぜきたの?

 

「ここが分岐点だから、確かめに」

 

分岐点・・・?

 

 

二手の道に分かれる
分岐点のヴィジョンが、
おぼろげに出てきます。

 

 

 

「あなたは今、
2つの道のちょうど分岐点にいる。

一つは、日本人としての生き方。

もう一つは、世界としての生き方」

 

 

わたしは頷きました。

それは最近になって、
大きな変化の渦に入るという
確信があったからです。

 

 

2081年はどんな世界なの?

ていうか、生きているんだ?

 

 

「一定の数値まで達すると、老化は止まる。

今でいう酸素カプセルのような
カプセルに入ると、
エネルギーが体に
取り込まれていく仕組み」

 

未来のわたしはそういいながら
机周りや本棚を調べ終わったのか、
消えてしまいました。

 

目が覚めてしまったわたし。

 

 

分岐点について
想いを馳せていると、

突然、

あのオリオンの記憶を
思い出した時のように
過去世のヴィジョンが蘇ったのです。

 

古代インカ帝国
山岳地帯のある場所で

少女のわたしは
おばあさんと話していました。

 

なんと、
そのおばあさんは
今世わたしの曾祖母の顔にそっくり!

 

インカ帝国時代、
曾祖母はシャーマンだったようで、

(今世も霊能者だった)

同じような話し方をしていました。

 

 

 

そして、

まだ7つのわたしの頭に
大きな手のひらを置き、
こう言ったのです・・・

 

「何千年、何百年の時を経て
ある日わかる日が来る。

それまでに魂に封印しておくこと
(単純な叡智ではないため)」

 

ヴィジョンをみながら、
今がその時だ!と思いました。

 

 

さらに
シャーマンの曾祖母は続けました。

 

 

「ユミという名前は、
”神言(しんごん)”、
”ヤハウェの言葉”という意味がある」

 

ユミ→ユーウェイ

本来はそういう発音のようです^^

 

ヤハウェって神の名を意味して
Yahwehって書くので、
発音がよく似ています・・・!

 

 

 

インカ帝国でのヴィジョンは、

まるで
グーグルアースのような展開で
「魂のホーム」へたどり着きました。

 

 

古代の叡智が・・・
そこでわかったのです。

 

(②へ続く)